スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

How To Speak Like A Nativeネイティブのように話すにはTIME

How To Speak Like A Native

「ネイティブのように話すには」というタイトルで興味を持ちました。
大人の外国語学習者はとかく苦労するのは当たり前ですが、「完璧な発音を求めない」とTIMEにしてはこれまた全うすぎるというか、そんなの今更言われなくとも…という感じの内容。

むしろspeaking habits, volume, stress, and rhythmに注意を払う方が効果があるというのですが…。
そしてimmersion-learningprogramsでは単なる単語だけではなくどのように言葉が話されているかの要点を知ることができるよ~とか、とてもgood tipsと自慢するほどのものではなさそうなんですが。

単語はMOREからどうぞ。
2 critical period 臨界期
a growing body of evidence 証拠が相次いでいる
3 contend 主張する
intelligibility 理解度
charlatanism いかさま
quackery いんちき療法
accent reduction アクセントを減らすこと
industry 勤勉、精励
empirical evidence 経験的証拠
5 converge まとまる、近づく
good tip うまい考え
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://fromstardust.blog35.fc2.com/tb.php/452-3f73e35b

«  | HOME |  »

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


プロフィール

浦辺 玲

Author:浦辺 玲
自分独自の教材を作りながら英語学習を続けています。
「楽しく長続きする学習法」がモットーです。
STAR DUST英語館もよろしく。


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。