スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My mother and I decided a new hospial for my father

英語日記です。日本語は追記の方にあります。(日本語訳ではありません)
My mother and I visited a hospital today.
My father, who suffers from cancer and alzheimer disease, have been hospitalized in F hospital.
F hospital is a university hospital and is said to be the best one in my neighborhood.
The hospial has the most recent medical equipments and my father got radiation therapy there.
Fortunately to our joy, the therapy went well without any serious side effects.

However, after the radiatioin therapy, all the treatment my father has got is drip infusion.
A few weeks ago, his doctor told us that there would be no possible treatment to improve his cancer, and that he should get hospitalized at another hospital which is specialized to treat the elderly. A social worker, who works for the F hospital, introduced us K hospital.
That's why my mother and I visited K hospital and had a talk with the director there.

The director of K hospital was an old doctor. He told us he had seen lots of patients' deaths in a calm tone.
Unlike doctors at F hospital, which pursue treatment for serious illnesses, the director's first priority was what was the happiest for the patients and their family.
(Don't take me wrong. I'm not blaming F hospital. It's a hospital for patients with serious diseases, and needed for such patients. )
He said to us, "What is most important is that a patient can spend their remaining days as peaceful as possible." and "A healthy person should not become a victiom of a patient."
His words have relieved us.
I think I've found a good hospital for my father as well as my mother.

In the previous diary, I once wrote that a life is full of choices, and each person has tried to make the right decision.
I hope our decision today will turn out to be a good one, though there'll be lots of problems ahead of us.

リンパ腫のガンとアルツハイマーを患う父は転院することになり、今まで入っていた保健衛生大の方から勧められたK病院へ行って来ました。
保大はこの地域では一番の設備と技術を持った病院だと思いますし、そこで治療が受けられたことはラッキーでした。
しかし放射線治療を一通り終わった現在、やれる治療はなくなり、CVカテーテルで栄養を補給しているだけの状態が続いています。

保大は難病を直すための病院ですから、治療法のなくなった父は療養型の病院へ転院してくださいと言われた訳です。

しかしK病院を訪れてみると、院長先生は患者と家族がもっとも幸せになれる方法は何か、という視点から治療を考えてくださる方だとわかり、ほっとしました。

何よりも母の状態を心配してくださり(現在保大の方に連日泊まり込んで看病しているので)「元気な人が患者さんの犠牲になってはならない」とおっしゃってくださいました。

母は幸い健康ですが、老齢な事もあり、看護で疲れがたまっていると思います。私が週に2日ほど交代して泊まり込んでいますが、そろそろ限界に来ていると思います。(保大は完全看護の病院ですが、父がアルツハイマーで、母がいないと落ち着かなくなるため母が病院に泊まり込んでいます)

父は保大で歯科の治療も受け、入れ歯を作ってもらっているため、入れ歯ができるのを待って、転院は来週ぐらいになりそうです。
母が泊まり込むのも後1週間。うち2日は私が交代する予定ですが、何とか耐えてほしいと思っています。


関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://fromstardust.blog35.fc2.com/tb.php/444-054799dd

«  | HOME |  »

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


プロフィール

浦辺 玲

Author:浦辺 玲
自分独自の教材を作りながら英語学習を続けています。
「楽しく長続きする学習法」がモットーです。
STAR DUST英語館もよろしく。


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。