スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Would You Kill One Person to Save Five?:TIME

The followings are the news I was interested in.

Idaho Teen With Cancer Trades Her Life for Her New Son
「ティーンのガン患者、生まれくる子に命を託す」


Would You Kill One Person to Save Five? New Research on a Classic Debate
「5人を救うために1人を殺す?昔からの議論に新しい研究」


Study: Injecting Young Blood Rejuvenates Old Brains
「若い血を入れると、年取った脳が活性化する」


Not Birdbrains Anymore: Scientists Discover Pigeons Can Count
「もう鳥アタマじゃない。科学者は鳩が数を数えられる事を発見」

詳しくはMOREからどうぞ。


Idaho Teen With Cancer Trades Her Life for Her New Son
「ティーンのガン患者、生まれくる子に命を託す」

16歳で脳に悪性の腫瘍が見つかったJenniは2年生存率30%と告げられます。その後彼女は自分のビデオをYoutubeに投稿。子供を産めないと言われますが、ボーイフレンドとの子を身籠もります。
…とまるでメロドラマのような話ですが、実話です。

単語
forgo ~を差し控える
tumor 腫瘍、できもの
repercussion (悪い)影響
mass 腫瘍
biopsy 生体検査
flat out きっぱり、ずばっと
distraught 取り乱した


Would You Kill One Person to Save Five? New Research on a Classic Debate
「5人を救うために1人を殺す?昔からの議論に新しい研究」

「あなたはブレーキの壊れた列車を運転している。目前には5人の作業員。待避線には作業員が一人いる。あなたはどちらの道を選ぶか」これは最近日本ではサンデル教授のJusticeの授業で有名になった問いだが、実はこの問い自体はtrolley problemという古い物。
人々の反応は昔から統計に取られているが、CGで状況を作り出し見せたところ、反応が違ってきたという物。
確かに現在ではあり得ない状況もCGで作れますからね…。

Study: Injecting Young Blood Rejuvenates Old Brains
「若い血を入れると、年取った脳が活性化する」

読んで字のごとく、年取ったマウスと若いマウスの血管をつないだところ年寄りマウスの脳の海馬の細胞が増え、若いマウスの方は減ったそうです。輸血でも似たような結果がでました。
hippocampus 海馬

Not Birdbrains Anymore: Scientists Discover Pigeons Can Count
「もう鳥アタマじゃない。科学者は鳩が数を数えられる事を発見」

読んで字のごとく、鳩も数が数えられるという話。研究は数の異なるグループを鳩が見分けられるかどうかという実験でなされたそうで、鳩たちは結構見分けたそうです。

ところで英語にも鳥頭という単語がちゃんとあったんですね!
bird-brain 馬鹿者、愚か者
rudimentar 初歩の、基本的な
rhesus 赤毛猿
fool's errand 無駄足、骨折り損


よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ  人気ブログランキングへ
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://fromstardust.blog35.fc2.com/tb.php/414-10265921

«  | HOME |  »

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


プロフィール

浦辺 玲

Author:浦辺 玲
自分独自の教材を作りながら英語学習を続けています。
「楽しく長続きする学習法」がモットーです。
STAR DUST英語館もよろしく。


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。