スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OEDの今年の言葉は/宇宙エレベーター:TIME

最近、前回のブログにも書いたようにMirkwoodをせっせと読んでいます。そのおかげでまたまた更新が滞っています。(って毎回言い訳から始まるのか…)

ま、気を取り直して、最初の記事。

An Elevator to Space? Better Take the Stairs
「宇宙へのエレベーター?階段を使った方がいいよ」


How To Create a Family
「家族を創る方法」

Tearjerker Alert: Former Lab Beagles See the Sun for the First Time
「かつての実験用犬、始めて太陽を見る」


Oxford English Dictionary Picks ‘Squeezed Middle’ as Word of the Year
「OEDの選ぶ今年の言葉は…搾取される中間層」

The Items in ‘The Twelve Days of Christmas’ Will Cost You More Than $100,000
「The Twelve Days of Christmas」に出てくるプレゼントを全部買うと10万ドルかかる」

では詳しくはMOREから。



An Elevator to Space? Better Take the Stairs
「宇宙へのエレベーター?階段を使った方がいいよ」

ページのタイトル(ページの一番上のところね)Google X's Space Elevator: Why It Will Not Happen Soon とあり、GoogleXが取り組んでいるプロジェクトだそうです。

宇宙エレベーターについては最近読んだことがありますが、Googleも絡んでるんですね。
SFの中の話でしたが、最近ではcarbon nanotubesの発明により実現化の可能性が浮上してきました。
とはいってもスケールが半端じゃないですからね。何でもコリオリの力Coriolis effectを考慮しないと大変だそうです。
コリオリの力についてはwikipediaのこちらをどうぞ。)

なお私はコリオリの力とフーコーの振り子を混同していました。
フーコーの振り子は、地元の科学館にあってなじみがあったので。
なお記事の中でも回るレコード盤を引き合いに出してコリオリの力について説明しています。



How To Create a Family
「家族を創る方法」

アメリカでは最近Thanksgivingの祝日があり、(アメリカでは11月の第4木曜日なので11/24ですね)記事によると、家族や友人に会うため4200万人の人が移動したそうです。
作者はここで、遠い家族に会えないなら新しい家族を作ろうと提案しています。

そして作者が経験した「家族」の紹介が書いてあります。近所に住む数家族が本当の家族のように行き来し、助け合い暮らしたという体験です。

こういうシェアハウスの様なものはやはりアメリカの方が多いのでしょうか。

二世帯住宅に実の家族と共に住んでいますが、こういう家族、個人的には歓迎で、機会があるならやってみたいです。


Tearjerker Alert: Former Lab Beagles See the Sun for the First Time
「かつての実験用犬、始めて太陽を見る」

動物保護団体 Animal Rescue Media Education (ARME)はスペインの研究所で実験用に買われていたビーグル犬を引き取りました。犬たちは生まれてからずっと研究所のケージの中で育ったため、太陽を見るのは始めて。ケージの戸を開けても、最初はなかなか出てこなかったのです。ビデオの犬たちはホントかわいいワンコたちでした。
我が家のぐ~たらダックスや、おまえは幸せ者だよ。



次は今回一番おすすめの記事。
Oxford English Dictionary Picks ‘Squeezed Middle’ as Word of the Year
「OEDの選ぶ今年の言葉は…搾取される中間層」

OEDと言えば辞書の大御所。日本で言えば広辞苑でしょうか。そのOEDがWord of the Yearとして選んだ語は…‘Squeezed Middle’
middleの定義として“around the average income, but below and above the average income.”
と言っており、要はみんな。

Occupy Wall Street運動に始まった格差への抗議はとどまるところを知らず、またアメリカでも中間層がいきなり貧困層に落ち込んだり、若年層の失業率の高さが問題になっていますが…Oxfordもやるねえ。
単語:
lexicographer辞書編集者
six-figure salaries 年収10万ドル以上の給料
bromance これは新語です。(英辞郎にもなし)brotherとromanceの合成語で、親密な親友といったところ。

ところでsqueezeは~を絞る、圧搾するといった意味ですが、シットコムのFRIENDSで母乳(breast milk)を
Rachel: Phoebe, that is juice, squeezed from a person.
と言っていたのが印象に残っています。

最後は軽~い記事。

The Items in ‘The Twelve Days of Christmas’ Will Cost You More Than $100,000
「The Twelve Days of Christmas」に出てくるプレゼントを全部買うと10万ドルかかる」

クリスマスが近づいてきました。
On the first day of Christmas, my true love gave to me...で始まる‘The Twelve Days of Christmas’これに出てくる品物を現在、全部買ったらいくらになるかと計算したという記事です。
なお、この歌の歌詞はこちらをどうぞ。
こういうたわいもない計画に一生懸命に取り組むTIMEが密かに大好きです。(^^;)




よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ  人気ブログランキングへ
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://fromstardust.blog35.fc2.com/tb.php/402-dda7a5bd

«  | HOME |  »

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


プロフィール

浦辺 玲

Author:浦辺 玲
自分独自の教材を作りながら英語学習を続けています。
「楽しく長続きする学習法」がモットーです。
STAR DUST英語館もよろしく。


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。