スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/11の消防士の発ガン率/Urban Dictionaryで犯人逮捕/日本の長寿はいつまで続く? TIMEより

最近読んだ中からいくつか紹介します。

Feds Check Urban Dictionary to Crack Gun-Store Death Threat
「Urban Dicationaryで犯人逮捕」

Five Reasons to Visit Nagoya
「名古屋を訪れるべき5つの理由」

Study Finds Higher Rate of Cancer in 9/11 Firefighters
「9/11の消防士に高い発ガン率」

Japanese Longevity — How Long Will It Last?
「日本の長寿はいつまで続くか」


詳しくはMOREからどうぞ。
Feds Check Urban Dictionary to Crack Gun-Store Death Threat

Urban Dictionaryという単語を見つけて思わず読んでみました。
Urban Dictionaryは誰でも言葉の定義ができる、みんなで作る辞書。ま、辞書のwikipediaと思ってください。

ここでの話は、federal agent (連邦捜査員)がFacebookで猟銃店に脅しをかけていた男を逮捕するのにUrban Dictionaryを使ったという話です。
murk :暗さ、暗がり、暗闇
という単語をUrban Dictionaryは「激しくひっぱたいて死ぬほどの傷を負わせる」という意味に定義していました。

日本だと、警察が2chに書かれた犯罪予告を2ch用語で理解して逮捕した、みたいな事でしょうか。


Five Reasons to Visit Nagoya

いや、驚きました。日本の話題自体がなかなか少ないTIMEで、東京でも京都でもなく名古屋が取り上げられるとは!
いつも名古屋とばしを身にしみて感じている身なので思わず取り上げます。
…ということで日本3番目の都市名古屋見所は…
1 トヨタ工場ツアー まあ、名古屋自体よりも有名ですから。
2 徳川美術館 展示は充実しています。おすすめですよ。
3 熱田神宮       うん、これもなかなか大きくて見事です。TIMEではここに             草薙の剣が祭られていることも記しています。
4 国際デザインセンター 何年か前のデザイン博の名残です
5 現代美術と音楽    ギャラリーなどを紹介していますが、住人の私も知らない物ばかり。

次はこれ。実はアルコムワールドの方にも投稿した物です。
Study Finds Higher Rate of Cancer in 9/11 Firefighters
読んで字のごとく、10年前の9/11のグランドゼロで活躍した消防士はガンの発症率が19%高くなっているという話です。

WTCが崩壊した際の有害な塵(アスベストやベンゼン、また衝突の際のジェット燃料の化合物など)をかぶった(吸い込んだ)影響による発ガン率上昇についての始めての調査結果が発表されました。

このことは以前から可能性を指摘されていましたが、結論を得るには数十年かかると言われていました。

ただ死亡率はあがっていないとする別の結果も発表されています。(そもそもウォールストリートで働いている人は元々健康な人が多い)

ただ…これを読んで思ったのは、放射線物質など関係ないWTCの二つのビルだけでこれだけ発ガン率を上げるのならば、東北の広い地域のがれき撤去や、福島原発で働いている人はどうなるんだろうという事です。

最後に

Japanese Longevity — How Long Will It Last?日本の長寿はいつまで続くか

日本の長寿は今のところ世界一ですが、TIMEはその理由として遺伝子と食習慣と国民皆保険をあげています。

しかし他の国々で寿命が延びていることと、日本の健康保険が21世紀に対応していないこと、人口の高齢化やタバコの政策、さらには年間3万人を超す自殺などをあげ、この長寿もいつまで続くかと疑問をなげかけています。

よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ  人気ブログランキングへ

関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://fromstardust.blog35.fc2.com/tb.php/377-8df8d464

«  | HOME |  »

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


プロフィール

浦辺 玲

Author:浦辺 玲
自分独自の教材を作りながら英語学習を続けています。
「楽しく長続きする学習法」がモットーです。
STAR DUST英語館もよろしく。


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。