スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本が西洋に教えられる6つの事 TIME:Six lessons Japan can teach the West

今日取り上げるのは、
Six lessons Japan can teach the West 「日本が西洋に教えられる6つの事」
…とタイトルは良さそうなんですが、出だしは

If you are living in the U.S. or Western Europe and feeling pretty bad about the miserable state of the recovery, political paralysis, and growing unease about your country's future, remember things could be worse. You could be in Japan.
「もしアメリカか西ヨーロッパに住んでいて、経済状態の回復や政治の停滞を惨めに思い、国の未来に不安を抱くなら、もっと悪い状態もあることを忘れないでほしい。あなたは日本に住んでいたかもしれないのだ」

…とギッタギタ。

わたし、ここまで読んで思わず記者の名前を探しましたよ。ここまで自虐的な記事を書くのは日本人だろうと思って。でも外国の人でした。(爆)
うわあ、言われちゃったよ、外国の人に。

ちなみにsix lessonsは
1経済問題をすべて金融政策で解決しようと思うな
2経済問題は循環的なものではなく構造的な物だと認識せよ
3銀行を建て直せ―迅速に
4過去の実績は未来の実績を保証しないと理解せよ
5グローバリゼーションをおそれるな。受け入れよ
6今日できることを明日に伸ばすな

そして最後の締めの文は、
Without it, we'll all be turning Japanese.
「こうしないと、我々は皆日本みたいになっちゃうぞ」
あ~あ


さて今日はもう一つ。
Another Slice of "Cold Pizza"? The Man Most Likely to Lead Japan
地震と原発以外ではTIMEではあまり話題にされない日本ですが、さすがに新首相の誕生は別ですね。29日付けで即座に記事がアップされました。

しかし「また冷えたピザ?この男が日本をリードするらしい」というタイトル。

そして野田氏については"He emerged as a compromise,"というテンプル大の教授の言葉を引用しています。あ~あ妥協の産物かあ。
"He's not charismatic, or a populist or a good communicator, [and] not a particularly bold or visionary leader. 「カリスマもないし、一般大衆向けでもよいコミュニケーターでもない。特に大胆でも、ビジョンを持った指導者でもない」とギッタギタ。まあ真実だけど。

それにしても日本の無様な姿は、もう世界共通(?)のようですね。

両方とも長いし、難しいですが、とくに2つ目の記事は日本の新聞で何度も書かれている内容なので、わかりやすいかと思います。

よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ  人気ブログランキングへ
関連記事

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://fromstardust.blog35.fc2.com/tb.php/376-ad849e7b

«  | HOME |  »

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


プロフィール

浦辺 玲

Author:浦辺 玲
自分独自の教材を作りながら英語学習を続けています。
「楽しく長続きする学習法」がモットーです。
STAR DUST英語館もよろしく。


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。