スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02/27のツイートまとめ

Rei_Urabe

Yesterday I watched a video of #projection mapping. It's so cool! If you google this word, you'll find tons of videos in YouTube!
02-27 23:19

スポンサーサイト

02/24のツイートまとめ

Rei_Urabe

I like this! There are not all of them, but Doodle is fun! A History of Google Doodles http://t.co/MTgAdxf via @TIME
02-24 21:14

Fury over Japanese politician's Nanjing Massacre denial河村市長南京大虐殺を否定:CNN

Fury over Japanese politician's Nanjing Massacre denial
名古屋の河村市長が南京大虐殺を認めず、南京市が怒っています。
Nanjing Massacreは程度の差はあれ(戦争中だから正確な殺害数を出すのは難しいと思われる)世界的にはれっきとした事実なのですが…。

ところでこのCNNのニュース、驚いたのはコメントを読んでいて、まるで日本バッシングはなかったことです。
「日本兵も中国人を殺したかもしれないけど、毛沢東はもっと殺してる」とか。そっちかよ。
日本は愛されてるのか?いや中国が嫌われてるのか?

もう一つ
A History of Google Doodles

グーグルにはDoodleと呼ばれる、Googleのロゴをもじった物が表示される事があります。このページは全部ではありませんが、有名なDoodleを集めてあります。

Face Blindness人の顔が覚えられない

正確には時事英語ではないんだが。

ふと英検サイトからDLしてあった、2011年の第3回の英検の1級問題を解いてみた。
長文の最初の問題がFace Blindness、つまり顔が覚えられないという話題。

私も実は顔を覚えるのが苦手で、若い頃は自然と覚えていたけど、最近は非常に苦しい。
仮に何かの事件の犯人を目撃しても絶対に面通しなどできない。

それで興味を持って読んだ。

Face Blindnessという表現を知らなかったが、なんと英辞郎にも載っていない単語だったのでネットで調べてみた。

まず出てきたのがprosopagnosia (相貌失認)のwikipediaのページ。(prosopagnosiaは英辞郎に載っていた) 読んでみたら、同じ内容だからか、英検の文章と非常に似ていておもしろかった。

世の中には顔が覚えられない人が意外に多く、アメリカでは2.5%に達するという。
中には家族や友人の顔、さらには鏡に映る自分の顔すら認識できない人もいるというから、私はまだまだ軽傷だと思う。

wikipediaのリンク先の、face blindnessの記者が家族について書いたサイトもおもしろい。
http://www.mirror.co.uk/news/real-life-stories/everyone-looks-the-same-to-me-519700

また英検の長文にも出ていた心理学者Choisserのサイトはこちら。

よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ  人気ブログランキングへ

The Latest TV Trend: Autismアメリカで自閉症のドラマが増えている:TIME

The Latest TV Trend: Autism

autismとは自閉症のこと。何でも最近アメリカではこの自閉症を暑かったテレビドラマが増えているとの事です。それぞれ善し悪しはあるでしょうが、ドラマになる事で自閉症の認知度があがれば、それはそれで良いことではないかと思います。
日本でも「光とともに」というコミックがあり、テレビドラマにもなりました。


Can China Successfully Educate Its Future Workforce?

「中国は未来の労働人口を教育できるか」

昨今、中国でも他の国同様に地方から大都市への流入が増えています。
しかしそうした移住者の子供は経済的理由などからなかなか公立学校へ入れず、移住者のための学校に通います。しかしそうした学校の教師は大学も出ていない者がいたり、ボランティア頼みだったりします。
中国政府は都市への移住を制限していますが…。
都市と農村部との教育格差が広がっているようです。国全体の将来を考えると、子供を教育しないことは、未来の労働人口を育てられないことになるのですが…。

<単語>
squirm もじもじする
corral 囲いに入れる
disrupt 乱す
shoestring (靴ひもを買える程度の)わずかの金
migrant 出稼ぎ労働者、移住者

Why French Parents Are Superiorなぜフランス人の親は優れているのか:WSJ

年度末の忙しさに加え、認知症をわずらう父が入院して母が付き添っているため、週に2回ほど、母と交代して病院に泊まり込んでいます。
簡易ベッドになるソファーがついていますが、これがやはり狭くて寝づらいのと、夜中に何度か起こされるため、少々疲れがたまっています。

そんなこんなで更新がとどこおっています。
でも隙間時間で結構TIMEの記事は読んでいて(いつでも読めるスマホのTIME。ほんと便利です)savedのカテゴリにいっぱいたまってるんですが、なかなか紹介できません。

今日は二つ。

Why French Parents Are Superior
「なぜフランスの親はすぐれているのか」


Supernova Countdown: Giant Star Could Explode Any Day Now

詳しくはMOREからどうぞ。

MORE »

Stephen Hawking asks big questions about the universeホーキング博士、宇宙の疑問に答える

うーん、時事英語のカテゴリに加えるのはどうかなと思いましたが、TEDの動画を紹介します。

ふとしたことから録画しておいたNHKのコズミックフロントを見てみたらホーキング博士が出演していて、動画を探してみたらTEDにあったので見てみました。

あの「車椅子の物理学者」ホーキング博士のスピーチです。宇宙についての疑問について考えを述べています。
筋萎縮性側索硬化症で声を失ってから久しく、機械による人工音声ですが、抑揚のない音声なのに引き込まれました。

Where did we come from? Are we alone? などのbig questionsに自分自身の考えを述べています。

個人的には宇宙には知的生命はあるという意見が嬉しかったです。また「SETIが一生懸命探しているのにどうして宇宙人が見つからないのか」という点にも「数百光年内にはいない」と納得のいく答えをしていました。











よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ  人気ブログランキングへ

ハローキティはイギリス人?Hello Kitty’s Citizenship Controversy:TIME

「キティちゃんの国籍?」
Hello Kitty’s Citizenship Controversy: Is She British or Japanese?

何でもHello Kitty's Guide to Japan in English and Japanese「ハローキティの二カ国語日本ガイド」という本が出たそうです。

それで話題になっているのがキティの設定。
私も知りませんでしたが、キティはロンドン生まれ!しかしなぜか日本の事情にやたらと詳しいのです。(中にはお葬式に関するページまで)…という訳で果たしてキティはイギリス人?それとも日本人?という、どーでもいいような記事です。
なお、このガイドブックはアマゾンで買えますwwwww 発売元のナツメ社は英会話などの本を出している会社です。

リンク先の怪しげな(?)Japan Subculture Research Centerのハローキティのガイドブックのページもどうぞ。

The one-shot society 韓国の受験地獄:Economist

韓国の受験事情の記事です。

The one-shot society
「一度限りの社会」
韓国の受験地獄は、最近有名になってきました。年に1度の試験には国中が神経をとがらし、たった1度の試験の結果で人生が決まってしまうシステムになっています。

競争に耐えられない生徒も多く、韓国の10代の自殺率はイギリスの3倍。

しかしこのような社会にも風穴を開けるべく、自分の考えを貫き通そうとする若者も出てきています。海外で子供時代を過ごした韓国人の若者達などです。

あと、気になったのが、韓国の大学では現在interview(面接試験)はほとんどないですが、生徒の様々な個性を測るべく、面接を取り入れてはどうかという動きがあるとのことです。実はこれ、20年前の日本と同じで、残念ながら日本では、推薦入試やAO入試が本来の趣旨から外れて、早く行き先を決める手段になってしまい、肝心の高校3年生が勉強しなくなってしまったのは、よく知られています。

また日本の塾事情
Testing timesもどうぞ。

よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ 時事英語へ  人気ブログランキングへ

 | HOME | 

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


プロフィール

浦辺 玲

Author:浦辺 玲
自分独自の教材を作りながら英語学習を続けています。
「楽しく長続きする学習法」がモットーです。
STAR DUST英語館もよろしく。


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。