スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AOLnews: Looking for Ghost Train(幽霊列車を探して)

夏休み、実は1週間ほどイギリスに行っておりました。
その休みをひねり出すため、その前後(今は後)はオーバーワーク気味で、プラスこの暑さによる夏ばてまで加わり、せっかくイギリスに行った最初の2,3日は体調を崩すほどでした。(何やってんだか)

いろいろ報告もしなければ~と思いつつ、またもや仕事に追われています。

さて今日、TIMEを元にふらふらしていて見つけた記事です。
AOLnewsですが、Looking for Ghost Train, Man Killed by Real Oneという記事。

19世紀末に30人が死ぬ列車事故が起きた、アメリカはノースカロライナのある場所。
毎年事故の日には、列車の幽霊が出るとかで、幽霊列車(ghost train)を見に行った人々がいました。

そしてなぜか近づいてきた本物の列車に気付くのに遅れ、その内の一人が轢かれて死んだと言う記事です。

あ~あ、なんだかなあ~。

その他では、チリの落盤事故で閉じこめられた人たちのニュースを追いかけています。
New Video Shows Emotional Trapped Miners

閉所恐怖症という訳ではありませんが、東京タワーよりも地上から離れた所に閉じこめられた人たち…。
いくら炭坑夫って言ったって、平気でいられる訳がありません。

一日も早く助かるといいんですが。

こういう記事も、地理的にでしょうか、TIMEなどのほうが詳しく載せているように思います。

それでは近況報告はまた別の機会に。
スポンサーサイト

「日本人の英語」より

いまさらですがマーク・ピーターセン氏の名著「日本人の英語」を本棚に見つけて何となく再読していました。

最初のところに日本人の友人の手紙の"Last night, I ate a chicken in the backyard"という迷文(?)が紹介されています。
BBQで鶏肉をたべたなら「1個」ではないのでI ate chickenとなるところ。
I ate a chicken だと「一羽のニワトリを(まるまる)食べた」と全く別の意味になります。

ここで紹介されている「名詞にaやtheがつくのではなく、aやtheに名詞がつくのだ」という論は本当に目からウロコでした。
aやtheと言った段階で、ネイティブの頭の中には「(不)特定の固まりの物」といった概念が浮かんでいるんです。(その証拠に言葉を思い出せない時は I ate a....a....a hot dog!などと言う)

とにかく名著で、日本人にはわかりづらいところを丁寧に説明してくれています。機会があったらぜひ読んでみてください。

余談ですが2年ほど前のセンター試験でも似たような良問がありました。
You have ( ) on your face. You must have eaten an egg. (記憶で書いてます。少し違うかも) 選択肢はegg, an egg, eggsとかだと思ったが、eggが正解。

さて、最近シットコムのフレンズをマイペースで聞き続けていますが、その中にこんな台詞がありました。

Season 1-19 The One Where The Monkey Gets Awayより

Ross: I see he's finally mastered the difference between 'bring me the' and 'pee in the'.
(彼(=猿のマルセル)はやっと「もってこい」と「おしっこかけろ」の違いをマスターしたようだ)

bring me theとtheで切るんですね。(日本人なら"Bring me"とやりそう)確かに「持ってこい」(「おしっこかけろ」も)次に何らかの(しかもその場で指定する)物体が来る事が前提なので、必ずtheがつく単語が来るわけですが、theで切るところが新鮮でした。
たとえば日本の単語集とか文法書なら bring +IO + DO てな感じで、aとかtheなんて言わないでしょう。

ともあれ上の「日本人の英語」と共通する点があると思いました。



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ  人気ブログランキングへ

 | HOME | 

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


プロフィール

浦辺 玲

Author:浦辺 玲
自分独自の教材を作りながら英語学習を続けています。
「楽しく長続きする学習法」がモットーです。
STAR DUST英語館もよろしく。


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。