スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TIMEより~Study: Brain Exercises Don't Improve Cognition

今回取り上げるのは、Study: Brain Exercises Don't Improve Cognition「脳トレーニングは認識力を高めない」です。
日本でもDSの脳トレは非常によく売れていますが…果たして効果はあるんでしょうか?
TIMEの記事の抄訳は以下の通りです。ちょっと長くて専門用語もかなり出てきますが、いつものように単語もあげてありますので、読んでみよう!という方は、元の英文にもチャレンジしてください。

今回はかなり詳しい抄訳になってしまいました。

抄訳
1脳トレで脳が活性化するなどというのはどこかで聞いたことがあるだろうが、最近の研究によるとコンピュータによる脳トレでは脳の訓練はできないのだ

2ネイチャーによりオンラインで行われた調査によると、被験者は3つのグループに分けられ、第1グループは基本的な論理を問う問題、第2グループはより複雑な記憶や注意力、数学などの問題、対照群はささいな問いに対する答えをインターネットで探すよう指示された。

3すべての被験者はほぼ6週間後、認識評価テストを受けた。これらは脳機能を測るための論理と記憶のテストだが、3グループともわずかで同程度の進歩しか見られなかった。

4しかしこの進歩も脳のトレーニングとは関係がないと学者は言う。人はテレビゲーム的なテストを受ければそれに慣れてしまうのだ。認識力が高まったのではない。まさに「習うより慣れろ」だ。

5 筆者はこの調査が「脳を高める」サイトやデジタルゲームの主張を弱めると考えている。
2009年のTIMEの記事ではニンテンドーDSの脳トレにも注目している。しかし市販のコンピューターを使った脳トレが認知力を高めるという議論は経験的な支持を書いているとネイチャーの論文は結論づけている。

6 反論もある。脳トレは脳のドーパミンのレセプターの数を変えることができるというものだ。ドーパミンは学習やその他の重要な認知機能を司る神経伝達物質である。
また脳トレはアルツハイマー初期の患者の認知力を改善するという報告もあるが、報告書は矛盾しているという。

7この学者は脳トレプログラムを開発し、それを会社で共同で配布している。彼はネイチャーの研究を一部の結果を一般化していると批判している。

8第1にネイチャーの調査では時間が短すぎるというのだ。(10分足らずのテストを24のセッションで受けるのみ。)

9第2に被験者は各自の家からBBC Labのサイトにアクセスするだけなので、テストの品質管理ができていない。 

10 神経可塑性、つまり脳が何かを経験した後、神経接合部を再建する事は実証されているが、その結果、近年脳トレーニングには豊富な財政支援がされている。もし人類が神経可塑性をコントロールし、認識力を高ることができたら、社会を変える影響力を持つだろう。人類の認識力をほんの少し高めるだけでも大きな影響がある。世界には1千万人の科学者がいる。彼らの認識力を1%上げることができれば、それは個人ではほとんどわからないが、全体では10万人の新しい科学者を生み出すことと同等なのだ。

11 現在ではあなたをアインシュタインのようにしてくれる気の利いたゲームはない。しかしわずかではあるが認識力を高める実績のある方法はわかっている。
毎晩よく眠り、元気に運動し、正しい食事を取り、健康な社会生活を送ることだ。これらは長い目で見れば脳の可能性を最大限にする助けになる。

12 神経学者達は何が精神適性を構成しているかについては合意を見ていない。身体の技能が知性をかたちづくると主張する専門家もいるが、もしそうならバレリーナやバスケの選手は天才のはずだ。

13 知能を上げる特効薬を探すよりもネイチャーの調査の方が理にかなっている。認識力を全体に上げるため、心を訓練する方法を考えるべきだ。

あるいはある科学者の言うように知能のフィットネスには「近道はない」のだ。

抄訳ここまで。

…という事で、いつものようにTIMEらしく(?)奇抜な新しい説ではなく、常識的なまっとうな説(?)に落ち着いています。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

MORE »

TIMEより:Apollo 13 at 40: Houston, We Have a Miracle

最近「語源で英単語」が終わって以来、少々気が抜けたのと新年度で忙しかったので更新をさぼっていましたが、マイペースでTIMEなどは読んでいます。(と言うか毎週タイムを読む会に出席しているので、毎週一つは記事をしっかり読んでquestionをつくらねば…)

「語源で英単語」を英検1級Pass単を元に始めたのも、そもそもTIMEなどを読むためには、やはり1級レベルの単語力が必要と悟り、それなら一度効率よく(本当はあまり効率はよくなかったが)Pass単を一周しようというもくろみで始めたんです。

やはり一通り1級単語に「顔見知り」になったところで(瞬時に意味が出てくるレベルでないところが悲しい)あらためてTIMEを読むと、やはりPass単でお目にかかった単語がびしばしと顔を出します。

「語源で英単語」でやっと土台ができたかな、といったところ。まだまだ先は長いですね。

さて、去る4月17日はアポロ13号が奇跡の生還を果たしてからちょうど40年でした。今回はこの事故を扱ったApollo 13 at 40: Houston, We Have a Miracleの記事を取り上げます。

なおアポロ13号の事故についてはwikipediaの記事をどうぞ。英語版はこちら

抄訳
1アポロ13号の着水は見事だった。この着水は13号のミッションの中で唯一成功した物と言える。

2アポロ13号の酸素タンクが事故で爆発したのち、クルーは月着陸船に避難しなければならなかった。彼らはこんな訓練はしていなかった。

3しかしクルーは生き延びた。ロケットと地上の両方のスタッフが臨機応変に対処した結果と、船長のラヴェルとNASAのクランツの冷静さによる。

4 映画では高熱をわずらったヘイズをジムが抱きしめて熱を伝えるシーンがあるが、ジムはなかなかその詳細を明らかにしなかった。

5 ジムが一番思い起こすのは、無傷の月着陸船を操作したときの事だ。司令船とつながっていて重力の中心がずれるため、月着陸船は操舵と反対方向に進んだのだ。

6 クランツは宇宙飛行士達が生還できる可能性を、彼らよりもよく知っていたが、質問されて、その可能性に取り組む必要はなかったと話した。

7 つまりそんな可能性はなかったと言うのだ。
しかし筆者には彼がそれを否定しているとは思えなかった。

8 生還者達も年々年を取っている。ラベルは2000年の到来を南極大陸で迎えた。

10 クランツは今年77歳で未だに元気だ。25周年の際、PBSがドキュメンタリー番組を作ったが、番組の最後を締めくくったのはクランツだった。

アポロ13の映画は昔一度見てますが…暇があったらもう一度見てみようかな。
単語集は「続きを読む」からどうぞ。
  

MORE »

語源で英単語(95) 終了しました(^^)

「英検Pass単熟語」1級から管理人が覚えたいと思った語を選び、意味と語源、関連語を表にまとめてあります。
これでPart3も終わり、Pass単を(全部覚えた訳では到底ないが)一応全部廻ったことになります。
自サイトSTAR DUST英語館TOEIC・英検対策のページの「英検1級単語集」のところにPart3の、こちらで取り上げた単語のエクセルファイルがありますので、ご自由にDLして活用してください。

◎ fabulous ◎ feudal ◎ fleet ◎ fraught ◎ generic
◎ legislative ◎ linear ◎ marital ◎ maritime ◎ microscopic
◎ miserly ◎ neurotic ◎ ornate ◎ perverse ◎ rug
◎ smug ◎ snug ◎ superb ◎ sweeping ◎ wary

今一度Part1から見直してみると、だんだんとetymologyにはまってしまい、Part3では「こんなの必要ないよな~」と思いつつ、あれもこれも取り上げて、結果Part3が一番語数が多くなっています。(^^;

これで単語の方が一段落したので、また現在の学習法や、せっかくタイトルを変えたのに全く触れていない「学校英語から使える英語へ」へ思う所などをぼちぼちと語っていこうと思います。m(_ _)m

意味と語源は「続きを読む」からどうぞ
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ  人気ブログランキングへ

MORE »

語源で英単語(94)

「英検Pass単熟語」1級から管理人が覚えたいと思った語を選び、意味と語源、関連語を表にまとめてあります。
現在Part3進行中。

◎ indulgent ◎ interim ◎ morbid ◎ pensive ◎ morose
◎ rash ◎ redolent ◎ resilient ◎ specious ◎ authoritarian
◎ bumpy ◎ categorical ◎ cerebral ◎ communal ◎ composite
◎ crisp


意味と語源は「続きを読む」からどうぞ
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ  人気ブログランキングへ

MORE »

語源で英単語(93)

「英検Pass単熟語」1級から管理人が覚えたいと思った語を選び、意味と語源、関連語を表にまとめてあります。
現在Part3進行中。

◎ odious ◎ opportune ◎ paramount ◎ partisan ◎ prerennial
◎ posthumous ◎ promiscuous ◎ prone ◎ prosterate ◎ ruthless
◎ snappy ◎ sordid ◎ superfuluous ◎ taciturn ◎ tremulous
◎ urbane ◎ virile ◎ wistful ◎ brash ◎ hazy

意味と語源は「続きを読む」からどうぞ
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ  人気ブログランキングへ

MORE »

 | HOME | 

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


プロフィール

浦辺 玲

Author:浦辺 玲
自分独自の教材を作りながら英語学習を続けています。
「楽しく長続きする学習法」がモットーです。
STAR DUST英語館もよろしく。


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。