スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mystery Theater (5) Through the Looking Glass

Mystery Theater: Through the Looking Glass

ファイルのDLはこちら。10Mb.

キャシーとダグラス夫妻の近所に小柄な夫妻が引っ越してきた。夫妻は彼らを訪問する。彼らはトゥーティーとシーエルと名乗る奇妙な夫妻だった。テレビは大きく箱ではなく鏡のようだったし、地下には太陽エネルギーの装置があった。(1970年代の話)また彼らはどこから来たのか、どこで働いているのか全く離さなかった。ダグラスが警察に相談すると警官はスパイではないかと疑った。警官と共に再び彼らを訪れると、彼らはタイムマシンで2000年後から来た人間で、地球を救うために来たという。そして彼らの目の前で二人は鏡(テレビ?)の用に見えるタイムマシンで未来に帰って行った。恐れた警官は銃でタイムマシンを撃ち、壊してしまった。

――まだまだ米ソの対立が続いていて、第3次世界大戦とか言っていた時代でしょうか。
太陽エネルギーは概念としてはあったようですね。またテレビをつけていないときには鏡のようになるというのは、今でも使えるアイデアでは?と思ってしまいました。

☆それにしても犬というのは、好きなことは3日で日課になりますね。最近は夜が明けると、顔を舐めて散歩の催促にきます。渋々起き上がってiPodを手に取りMystery Theaterの新しい話を聞きながら散歩に出かける毎日です。
スポンサーサイト

Mystery Theater 第4弾 The Killer Inside

Mystery Theater 第4弾 The Killer Inside

やたらと支配的で干渉ばかりするママと二人暮らしのグウィン。彼女はママの反対を押し切り10日間のロンドン旅行にでかける決心をした。フィアンセのノーマンはグウィンに、同じ言語学の教授のトービィにインド・ヨーロッパ言語の文書を渡すようにと頼む。
ロンドンでグウィンは首尾良くトービィに会うが、翌日警察が押しかけ、彼女をトービィの殺人容疑で逮捕する。訳が分からずとまどうグウィンに、警官は証拠もあると言い切る。
翌日警官はグウィンに、彼女は無意識のうちにスパイ行為をしており、二重スパイとなって相手の情報を漏らすなら減刑すると司法取引を持ちかける。
混乱したグウィンにスパロウと名乗る男が連絡をしてきた…。

何これ!?とつっこみ満載の設定ですが、ま、これがミステリー・シアターだと思ってください。
ファイルのDLはこちら。10Mb. mp3ファイルです。

オバマ大統領プラハでの演説~核廃絶に向けて

アメリカのオバマ大統領は、4月のプラハでの演説で、アメリカの大統領としては初めてはっきりと「核軍縮」ではなく「核廃絶」を唱えました。

最近原爆記念日が近づいたこともあり、新聞記事などで改めてこのプラハ演説を取り上げている記事を2,3見つけました。
元の演説を音声とスクリプトで学習したいと思い、YouTubeなどで見つけました。



全部で4つのファイルに分かれています。最後まで聞くと、次のファイルへのリンクが現れるので、クリックして続きを聞いてください。また最初のファイル(上の物ですね)はスピーチが始まるまでがちょっと長いです。

記事の全スクリプトはこちら

単語集はこちらをクリックしてください。

MORE »

外国語学習にお勧めのSNS lang-8

最近lang-8にちょこちょこ書き込んでいます。
lang-8というのは、各自が学びたい言語で日記を書き、それをネイティブが無料で添削し、また自分も自分の母語で書かれた日記を添削してあげるというギブアンドテイクで言語を学ぼうとういうサイトです。
まだまだ始めたばかりですが、最初にNHKのニュースを聞いていて、あ、これ書いてみようと思ってつらつらと書き、アップしたら1時間後にもう添削されていたのにはびっくり。
検索してヒットしたブログなどを見てみると、英語の日記は添削されずに流れていくのも珍しくないようですが、やはりコツは相手が読んでおもしろい、あるいは新しい日本ならではの情報が書かれているとうい事でしょうか。
幸い、今まで書いた物はすべて添削していただいています。

本当は英語のブログを書けたらいいなと思いつつ。でもまずlang-8で第一歩踏み出しています。
あ、ちなみにReiのHNで登録しています。

語源で英単語(30)

◎ complement
◎ replenish
◎ surmount
◎ tarnish
◎ thrust
◎ thwart
◎ vacate
◎ valicate
◎ verify
◎ vex

MORE »

Mystery Theater (3) The Return of the Moresbys

Mystery Theater第3弾 The Return of the Moresbys
元のmp3ファイルはこちら。13.2Mb.

リチャードの妻ウナは転生輪廻を説く新興宗教に傾倒し、莫大な寄付金を出していた。ウナが二人の全財産を差し出す気でいると知ったリチャードは、ウナが書いた「死はこわくない」という内容の詩を使って、自殺にみせかけて殺し、また他の女性と付き合い始める。
しかしウナの死後、リチャードの家には奇妙なことに小動物が次々と押しかけ、生活を妨害しはじめた。

これはOTRのサイトによると1974年に放送されたラジオドラマだそうですが、この話に出てくる新興宗教がインドっぽい音楽をバックに、転生輪廻などと一風変わった雰囲気です。そういえばハレクリシュナとかが流行ったのはこの時期だったかな~と思ったり。時代を感じさせます。

時代と言えば、このMystery Theaterはラジオで放送された物をファンが録音したものをアップしてあるんですが、間にちょこちょこコマーシャルが入ります。それが何とも時代がかった古くさいCMばかりで、これまたおもしろかったりします。(でも同じ物を何度も聞かされるといい加減いやになりますが)

三宅一生氏のA Flash of Memory

ちょっと古いですが、7月13日のNew York Timesに寄稿された、三宅一生氏のA Flash of Memoryを読みました。
こちらです。

オバマ大統領は4月の演説で核廃絶を訴え、日本でも呼応する動きがいくつかありましたが、三宅一生氏のこの寄稿は、短いながらも鋭く、心を打ちます。

いつものように段落ごとにまとめてみましたが、短いためほとんど訳文のようになってしまいました。しかも不正確なところもあるかもしれません。m(_ _)m 英文は平易で読みやすいので、単語もそんなにあげてません。

要旨と単語はこちら

MORE »

語源で英単語(29)

やっとPart2に入りました。これでやっと1/3(熟語は除いて)です。先は遠い…。

◎ regress
◎ reimburse
◎ rebate
◎ relegate
◎ revere
◎ rout
◎ solicit
◎ subdue
◎ submerge
◎ supplement

意味と語源はこちら

MORE »

Radio Myster Theater (2) The Old Ones Are Hard to Kill

Mystery Theater 第2弾。The Old Ones Are Hard to Kill
元のファイルのDLはこちら。mp3. 13.1Mbです。

キャンビー夫人は肺炎を罹った下宿人ポールスンの死に立ち会う。彼は死に際に、実は10年前に人に雇われ金のためにリチャードソンという人間を殺したと告白する。またリチャードソン殺しで逮捕されたリンデルという人間は無実だと言う。キャンビー夫人は新聞社を訪れ当時の記者に訪ねるが、リンデルは獄中で死に、忘れろと言われるだけだった。
腑に落ちない夫人の元に、広告も出してないのに新しくスチュアートという若者が下宿人として入ってくる。彼は夫人に殺人事件の調査をあきらめさせるために接近したのだ…。

今回は結構人が大勢出てきました。人名、間違ってるかも。
細かいところで聞き取れてない個所は山ほどありますが、スクリプトが無いこともあり、ま、ざっくりと楽しんで聞いています。

語源で英単語(28)

☆今回はちょっと多くて27個ですが、これでPart1の単語が終わりました。この単語がすべて入ったエクセルファイルをサイトの方で配布しています。こちらです。

◎ legitimate
◎ lucid
◎ colossal
◎ prodigious
◎ stupendous
◎ reclusive
◎ secular
◎ mundane
◎ trite
◎ perfunctory
◎ benign
◎ scathing
◎ pungent
◎ caustic
◎ stringent
◎ rigorous
◎ austere
◎ sublime
◎ inclement
◎ sporadic
◎ transient
◎ conspicuous
◎ salient
◎ consummate
◎ decease
◎ dedicate
◎ devote
意味と語源はこちら

MORE »

Radio Mystery Theater(1) Lost Dog

毎日暑いです。犬(ダックスフント)を飼っていますが、夏は明け方に散歩することにしました。

iPodを聞きながらの散歩。今日はOld Time RadioのMystery Theaterを聞いてみました。いつもリスニング(?)は通勤時間に車を運転しながら聞くため、聞き逃しが多いですが、犬の散歩は歩くだけ(?)なので、結構集中してたのしめました。
Mystery Theater を含むラジオドラマの説明についてはこちらをどうぞ。Star Dust英語館の「ラジオドラマで英語を勉強しよう」のページです。

1950~70年代という事で、少々英語が古くさいかと、最近まるで聞いてませんでしたが、久しぶりに聞いてみたところ、
ラジオドラマなので音声だけで話が分かるように丁寧に作ってある。
Mystery Theaterは名のごとく、おどろおどろしい話で楽しめる。という点でおすすめです。

今日聞いたのは "Lost Dog" DLはこちら。11.7Mb。 Old Time Radio Fans. comというサイトです。

内容はこちら

MORE »

語源で英単語(27)

◎ obtuse
◎ heedless
◎ immaculate
◎ pristine
◎ intact
◎ imminent
◎ impending
◎ inadvertent
◎ haphazard
◎ indelible
意味と語源はこちら

MORE »

ゲームはお年寄りの知的低下を抑える事ができるか?~TIMEの記事より

TVゲームをやることでお年寄りの能力の低下を防ぐことができるだろうか、と心理学者がまじめに研究を始めています。

元の記事はこちら。ちょっと前のTIMEの記事です。なお、冒頭の写真で女性が使っているのはWiiのコントローラです。Wiiは海外でも大売れだそうで。

「防ぐことができる」と安易に肯定している訳ではなく、またゲーム脳などのような悪影響を根拠もなしにかき立てることもなく、(だからあまり刺激的な内容ではないけれど)淡々と書いてあるように思えます。

様々な研究の結果を元に、能力の低下を防ぐゲームも計画されているようですが、まあ予防策は第2パラグラフに書かれているように、「きちんと食べ、運動をし、社会と関わり、精神的にチャレンジングな仕事に取り組む」これにつきるでしょうか。

最後のところで、将来は老人もゲームを楽しみ、若者を負かすかもしれない、とありますが、目下ドラクエに夢中な主人を見ていると、非常に現実味があります。(^^;

単語集はこちら

MORE »

日本人だけで英語を勉強する利点

ちょっと前にTIMEを読む会の事を書きました。
全員日本人でGood evening!から始まりずっと英語で話します。
でも最近、日本人だけのこの状況が結構いいのではないかと思っています。

以前、大学の社会人向けの時事英語の講座に半年通った事がありました。
先生がネットから旬の話題を用意してくださって、それを読み(当日付の記事もありました)解説を聞いて話し合うといった内容で、先生もゆっくりはっきりしゃべってくださり、「ここがわからない」と言えば丁寧に説明してくださって、毎週通うのが本当に楽しかったです。

でも…。やはりネイティブの先生だと、しゃべりすぎるんですね。
他の生徒さんで「先生はしゃべりすぎ」といつも言っていた人もいましたが、生徒がつっかかると、ついつい先生が助けて、結局ネイティブの先生が一人しゃべりまくる状況になってしまうのです。

日本人だけの勉強会だと、そんな事はありません。確かに変な英語をしゃべっていても直されないなどの欠点もありますが、あまりひどい英語ならちゃんとチェックが入るし、何より自分がしゃべっていてつまっても、みんな忍の一字でじっとまた話し始めるのを待っていてくださるんです。

以前読んだ英語学習のブログに書いてあったエピソードですが、その方が一番英語力が伸びたのは、イギリス人の女性を雇って仕事の内容を説明した時だったとありました。つまり自分はつまろうが何しようが、仕事の内容を教えないといけないし、相手のイギリス人の方は下手な英語でも、仕事を覚えないといけないので、じっと聞いているわけなんです。
どこのブログで読んだのか、探しましたがわかりませんでしが。m(_ _)m

逆に言うと、確かにネイティブの先生に教えてもらう機会がある人はそれでいいですが、回りにネイティブがいなくても、結構勉強できるんだなと思いました。(ただ私の場合は、この「TIMEを読む会」の会員の方のレベルがすごく高いので、それに助けられているだけなんですが)

語源で英単語(26)

◎ meticulous
◎ predominant
◎ rampant
◎ infectious
◎ evasive
◎ exempt
◎ ostensible
◎ contrite
◎ spurious
◎ steadfast
意味と語源はこちら

MORE »

語源で英単語(25)

◎ ominous
◎ sinister
◎ relentless
◎ averse
◎ antagonistic
◎ insatiable
◎ intense
◎ frantic
◎ fervent
◎ ardent
意味と語源はこちら

MORE »

語源で英単語(24)

◎ tenacious
◎ versatile
◎ delusive
◎ illiterate
◎ illegible
◎ eligible
◎ inept
◎ ingenuous
◎ ingenious
◎ adroit
意味と語源はこちら

MORE »

LotRラジオCD3の2をアップ&ハリーポッターはやはり好きになれない

「試験に出る指輪物語」のコンテンツ、ラジオドラマCDの3枚目の2を更新しました。

アラゴルン役の声優さん(名前も覚えてない)の台詞が非常にはっきりで聞き取りやすくてほぼ100%わかるので涙が出るほど嬉しいです。

以前「赤毛のアン」の台詞が古いという事で、こちらは最近は勉強はしていないんですが、指輪の台詞もやはり時代がかっていたり、いかめしかったりする台詞が多いんだろうなと思いつつ更新しています。

昨日テレビで「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」を見ました。英語音声ですが、日本語字幕もつけて。(^^;
ハリポタは3巻ぐらいまでは読んでいますが、その後挫折。ファンタジー好きな人間ですが、実は1巻からあまり好きになれませんでした。魔法学校という設定はおもしろいですが、「グリフィンドールに50点!」という点数主義(?)を読んで拒絶反応。
そしてあまりに矮小化された滑稽な魔法学校の教師達。

どうも魔法使いというとガンダルフのイメージなんですよね。
荘厳でそれでいて暖かみがあり、必要以外には魔法を使わない。
ゲド戦記のゲドも(アニメじゃなくて原作の方ですよ!)血気盛んな少年期はさておき、大賢人になったのちはほとんど魔法を使っていません。(必要な時は強力な魔法を出しまくりますが)

今回の話は(前作も見てないし読んでないので批評なんておこがましいですが)ホグワーツを乗っ取ろうとする(?)アンブリッジがあまりに典型的な悪役で、デフォルメというかカリカチュアって感じで好きになれませんでした。

主人公3人組がよい演技をしていたので何だか余計に残念な気がします。

指輪のラジオドラマは、Weathertopでフロドがナズグルに襲われるところまで。映画では派手なシーンでしたが、原作ではそばにいたホビット達は何も見ず、何も聞こえていなかったのです。

語源で英単語(23)

◎ obsolete
◎ archaic
◎ decrepit
◎ erratic
◎ dissident
◎ contentious
◎ chronic
◎ astute
◎ enticing
◎ gregarious
意味と語源はこちら

MORE »

語源で英単語(22)

◎ obsolete
◎ archaic
◎ decrepit
◎ erratic
◎ dissident
◎ contentious
◎ chronic
◎ astute
◎ enticing
◎ gregarious
意味と語源はこちら

MORE »

TIMEを読む会に参加しています

ちょっと前からですが、「TIMEを読む会」というのに参加しています。
現在のアクティブメンバーは4~5人。

週に一度、メンバーはそれぞれインターネットから自分が興味を持ったニュース記事などをプリントアウトし、Questionをいくつかつけて人数分用意し、それぞれ持参します。
そしてその場で持ち寄った記事を読んで質問に答え、時には意見や感想なども言ったりします。もちろん会話はすべて英語です。

なんと20年も続いている由緒ある(?)会です。昔は会員はTIMEを購読して、記事を読み合っていたそうですが、現在はネットから各自記事を無料でDLし、コピーしてきます。名称はずっと「TIMEを読む会」ですが、今はTIMEのサイトを含め、CNNやNewsWeek, New York Timesなど様々なサイトから拾ってきます。

講師もネイティブもいないため、費用は1回につき公民館の1室を借りる300円のみという非常にお値打ち(?)な勉強会です。←全員で300円。

Questionと言っても、私は「○○はいつ何をしましたか」程度の単純な物しか作れませんが、「これはどういう事を現しているか」みたいな質問を用意される方もいて、いろいろ。でも単純な質問でも、他の方が持ってきて始めてみる記事をざっと読んで答えるのはなかなか大変です。

ここで痛感したのが、自分は読めていない!という事実です。
スピーキングやリスニングに比べて、リーディングはまだましだと思っていましたが、いやいや、ちょっと複雑な文章だと単語は分かっていても意味がとれません。

でも会員の方は優しくて、まごついているとヒントを出して教えてくださいます。
そんなこんなで冗談も交えながら、毎週和気藹々と約1時間半英語の勉強をしています。(^^)

実は最近アップしているニュース記事の解説は、このTIMEを読む会のために私が用意した原稿の使い回しです。m(_ _)m

この会のおかげで、ニュース記事を読むのが楽しくなってきました。
そして痛感したのが、自分の単語力のなさです。
そのため英検1級用の単語集でボキャビルを始めていますが(語源で英単語のシリーズ)ニュース記事には英検1級用の単語がびしばしでてきます。というか英検1級はニュース記事などを読めるレベルだから、こういった単語が出題される訳なんですよね。

偉そうにアップしながらも、ちっとも覚えていないんですが、少~しずつニュース記事がおもしろくなってきました。

語源で英単語(21)

◎ marginal
◎ replete
◎ exuberant
◎ luxuriant
◎ opulent
◎ lavish
◎ extravagant
◎ profuse
◎ posh
◎ palatable

意味と語源はこちら

MORE »

オバマ大統領のガーナでのスピーチ

ちょっと前の記事になりますが、(7/11) CNNのサイトでオバマ大統領のガーナでのスピーチの記事を見つけました。

要約と単語を以下に載せます。(数字は段落)

1.アメリカの指導者は通常アフリカを問題の多い地域とみるが、オバマ大統領はこの地に新しいビジョンを提案した。
in the abstract 理論上は
epidemic 伝染病
genocide 集団虐殺
coup d'etat クーデター、武力政変
descent 家系
ancestral homeland 先祖からの故郷
encompass ~を包み込む、含む

2.オバマ大統領は祖父と自分の人生を対比し、アフリカの若者にメッセージを送った。
colonialist 植民地主義者
boy used as an offensive way of addressing a black man, especially in the past (OALD)
repurpose 再度目的を果たす
mantra 持論、持説、信条、信念
embrace [主義、思想などを]受け入れる、採用する
hold ~ accountable ~に責任を課す
institution 制度、制定、
harness 役立てる、利用する

3.大統領は国際協力の視点から新しいアフリカのあり方を示唆した。
lay out 明確に述べる、明らかにする
return to the fore 再び表面化する
anchor 支える
governance 管理、支配
tribal 部族の
subsume 含める、組み込む
emergence 出現、参入
liberation 釈放、解放運動
ultimately 究極的には、最終的に
emerge from ~を切り抜ける

4.ガーナ議会は、大統領が指摘したように党派に分かれていたが、それでもそろって大統領一家を歓迎した。
affiliation 加入、所属
applaude 拍手喝采する
section 区分、部分、地区
latch onto ~にしがみつく、~を手に入れる
corruption 汚職、買収、腐敗
needle 意地悪くからかう、いらだたせる
political opposition 政治的敵対勢力

5.アフリカの残酷な歴史を思い起こし、大統領は二人の子がこの歴史を思い返す大切さを述べた。
consecutive 連続した
serenade ~にセレナーデを歌う
eponymous 名祖の
disrespect 軽視する、見下す
depot 倉庫、貯蔵所

6.ガーナの自由化はアメリカの人権運動にも影響を及ぼしており、実際キング牧師もバスボイコット事件の前にガーナを訪れていた。(この事実は今まで知りませんでした!)
on the heels of ~のすぐ後に
conviction 信念、確信

7.アフリカの情勢の不安定さのために大統領はスピーチをし、アフリカの将来はアフリカの物と語った。
tenet 教義、信条
coup 政変、クーデター
distort ゆがめる、
dispute 論争する、議論する
direct 人に言う

8.9.選挙中も大統領はアフリカに共感し元気づけた。1年後、大統領はアフリカに、民主主義のモデルとなるよう語っている。
evoke 呼び起こす、喚起する
identify with 人に共感する、~に自分を重ね合わせる
inspire 人を元気づける
diversity 多様性

☆読解力不足のため、とんちんかんな要約になっているかと思います。ご容赦ください。

元のスピーチはこちら。CNNのビデオです。

また全スピーチ原稿はこちら


語源で英単語(20)

◎ furtive
◎ multiplex
◎ identical
◎ commensurat
◎ analogous
◎ derisive
◎ inclusive
◎ provisional
◎ presumptuous
◎ pretentious
◎ viable
◎ feasible
◎ emergent
◎ indicative
◎ tangible
意味と語源はこちら

MORE »

語源で英単語(19)

◎ prudent
◎ prolific
◎ futile
◎ sterile
◎ culpable
◎ congenial
◎ genial
◎ affable
◎ genteel
◎ imposing
◎ amenable
◎ docile
◎ integral
◎ imperative
◎ indigenous
◎ inherent
◎ innate
◎ intrinsic
◎ extrinsic
◎ clandestine
意味と語源はこちら

MORE »

語源で英単語(18)

◎ polyglot
◎ polarization
◎ refund
◎ rendition
◎ temperament
◎ volition
◎ absurdity
◎ voluptuous
◎ impassive
◎ discreet

意味と語源はこちら

MORE »

Lord of the Rings ラジオドラマCD Vol.3-1をアップ

タイトル通り、The Lord of the Ringsのラジオドラマ CD3枚目の1のページをアップしました。
ストーリー的には、やっとブリー村を過ぎStriderことAragornと合流し、はるかRivendellを目指してまずはWeathertopに向かっています。

Breeを抜けてちょっとほっとしています。というのは、Bree村の宿屋Prancing Ponyのおやじさん、Barliman Butterburはガンダルフの友達で良いヤツなんですが、ラジオドラマではこの人、非常になまったCockneyのような英語を話すので、非常に聞き取りにくかったんです。

ブリー村ではこの人がしゃべり出す度に、何度もCDを繰り返して最後にはあきらめていました。(>_<)
フロドはブリー村ではUnderhillという偽名を使いますが、これがもの凄く速い巻き舌でアンドゥリルって感じだし、ホビット村のThe Shireはショイヤだし。

ブリー村でAragornが登場しますが、この人の英語ははっきりしていて嬉しかったです。

この先CDの方を進めていき「試験に出る指輪物語」の原書読破ページ(Book1の最後まで終了)に追いついたら、CDのページと原書読破のページとを同時に更新していく予定なんですが…道は遠そうです。(>_<)

語源で英単語(17)

◎ grievance
◎ incarceration
◎ inception
◎ incidence
◎ juncture
◎ mandate
◎ prognosis
◎ propensity
◎ proprietor
◎ twinge
◎ qualm
◎ savor
◎ stipend
◎ trepidation
◎ venue
◎ brevity
◎ conviction
◎ impartiality
◎ constituent
◎ monopoly
意味と語源は次をクリック!

MORE »

語源で英単語(16)

◎ tribute 敬意 (<L tributum分配した物<三分割) cf. tribe contribute, distribute
◎ repeal 撤回 (re=back + peal駆り立てる ) cf. compel, appeal
◎ annihilation 絶滅 (an強意+ nihilゼロ+ ate~にする) cf. nil, nihilism
◎ facility 容易さ、手段、設備 <facile容易な cf. faculty, difficult
◎ deportation 国外追放 <deport (de分離+ port運ぶ)国外追放する cf. export, import, portable
◎ embargo 出入港禁止命令、通称禁止 (em-~の中に+ bargoバリケードを築く)
◎ exertion 努力、尽力、骨折り、行使、発揮 <exert (ex外に+ sert置く→力を外に出す) cf. insert, desert
◎ facade 正面、全面、外見、見せかけ (<face イタリア語facciata頭より)
◎ excerpt 引用句、抜粋 (ex-外へ+ cerpt引き抜く)
◎ microbe 病原菌 (micro微少な+ be生物) cf. microphone, micronize, microscope

語源で英単語(15)

◎ affliction 苦悩、悲嘆、苦痛 <afflict 悩ます (af=ad=to + flict=strike打つ→人を打つ) cf. conflict
◎ surplus 黒字、過剰の、余剰の (sur=super + plus (more) 必要以上に多い
◎ deficit 赤字、欠損、不足 <defect (de=from + fect = make離れて作る→欠ける)
◎ deficiency 不足 <deficient 不足した、不十分な (de=apart + fect= to make, do ) 欠けている ⇔ efficient 有効な、効力のある
◎ depreciation 価値の低下、減価、軽視 <depreciate (de=to lower + prec = price価格の低下)
◎ devastation 破壊力、荒らすこと、惨害 <devastate (de=fully + vast=waste + ate →完全に荒れ地にする)
◎ distraction 気を散らす物 <distract (dis分離+tract引っ張る=引き離す) cf. distrain
◎ impasse 行き詰まり (im否定+ passe通り過ぎる)
◎ tenure (財産、地位の)保有(在職)権 (ten保持する+ure事) cf. tenant
◎ lure おとり、ルアー cf. allure 魅惑する

 | HOME |  »

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


プロフィール

浦辺 玲

Author:浦辺 玲
自分独自の教材を作りながら英語学習を続けています。
「楽しく長続きする学習法」がモットーです。
STAR DUST英語館もよろしく。


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。