スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nothing more thanの意味

nothing more thanは辞書などを引くと、たいてい「~にすぎない」とか「~だけ」という意味が載っています。ですが、「大いに~したい」とか「~したいのはやまやまだ」といった意味の時もあります。
ただ辞書でnothing more thanをいくつか(例文としての使用を)調べたところ

リーダーズ:なし
ジーニアス:見出し語としてはなし、ただし例文で
He enjoyed nothing more than telling his children stories at the dinner table.(ディナーの石で子供達に話をして聞かせるのが何よりの楽しみだった)
He wanted nothing more than to take a rest.(彼はただただ休憩したかった)
ランダムハウス:なし
OALD:なし
英和活用大辞典:なし
新和英大辞典:want nothing more than to doで「大いに欲する」「…のはやまやまである」
英辞郎:want nothing more thanで「~したいだけにすぎない」

という結果でした。
実は自分がディクテーションして、知り合いのネイティブの方にチェックしてもらったアニメのデスノートの原稿を、最近またざっと読み直していますが、上のような「大いに~したい」「~したいのはやまやまだ」といった意味のwant nothing more thanを複数見つけたのがきっかけです。

第9話
Light: I want nothing more than to kill, but if I do it's like asking to get caught. (元の日本語の台詞は「なんとしても、あいつを殺してやりたいが、殺せば足がつく」)
分解すると「あいつを殺す以上の事は何も望まない」→「あいつを殺すことを一番望んでいる」

第10話
L: I'd like nothing more than to have you work with me on this investigation.
(同「ぜひ、捜査に協力して頂きたいと思っています」)
同じように「捜査に協力する以上の事は何も望まない」→「捜査に協力することを最も望む」

要はNothing is more important than health. (健康ほど大切な物はない→健康が最も大切)などの応用形なんですが、なまじnothing more thanで他の意味が載っているので却って惑わされてしまいました。
まだまだ英語が読めてないなと実感する今日この頃です。
スポンサーサイト

Newsweekのセサミストリートの記事

最近ちょっと自分の中でCNNやNewsweekのサイトがマイブームです。
毎日チェックして、おもしろそうな記事を読んでいます。
ただブログの方でリンクを貼っても、こういったニュースサイトの記事は流れていってしまうから…と思って(それとめんどくさくて)なかなか書いていませんでしたが。

また海外の記事を見つけて読んで、数時間すると同じ記事の翻訳がYahooあたりに載ってるのを見つけると楽しいですね。でもすべてが翻訳されている訳ではなく、結構おもしろいと思っても日本語に訳されずに過ぎていくニュースも多くあります。

今日見つけたのは、Newsweekの中のSesami streetに関する記事

日本でも放映され、言わずと知れたセサミストリートですが、今年で40周年。
最初の所の「今日のテーマはSの文字と15と40の数字」というセサミストリートの実況っぽい書き方からしてもうツボで、思わず一気に読んでしまいました。Count好きです。もちろんこれらの数字も意味があります。

これだけ良質な番組でありながら(いや良質すぎるからか)視聴率はあまりよくはありません。さらに昨今の景気の悪化で財政的にも苦しい状態にあるそうです。
しかしセサミストリートのすごいところでは、セサミが始まってからアメリカの保育園でセサミを真似て小さな子供達にいろいろと教えるようになったとか。

それからさらに凄い!と思ったのは、9/11の後、あの悲劇から目をそらすのではなく、そのショックをエルモが食堂でぼやを見て恐怖を覚えるといったエピソードに置き換えて表現したり、またスタッフの一人が突然亡くなった時も、あえてそれを「ビッグバードが友達を亡くして悲しんでいる」というエピソードに作っていくといった態度です。

スタッフの並々ならぬ番組にかける思いが感じられ、ちょっぴり涙ぐんでしまうぐらい心温まる記事でした。

思わずセサミストリートのサイトも行ってみました。こちらもゲームあり歌ありで遊べます。
しかし40年かあ。セサミを子供と一緒に見たのはいつの事だったかなあ(遠い目) 個人的にはビッグバードとクッキーモンスターが好きでした。(^^)

もう一つはTIMEから。
自閉症の子供を連れて旅行をする6つのコツ
自閉症だからと閉じこもらず、いろいろ工夫して旅行を楽しもう!というスタンスが嬉しいです。

さて、これらは日本語に訳されるかな?

日本人は英語が読めるけど話せない?

日本人は英語が読めるけど話せないとよく言われます。
でも、最近思うのは確かに話せないけど、それよりもまず読めない。
ニュースの記事を読み始めて、単語もさることながら易しい単語ばかりでも全体の意味がなかなか取れないことがよくあります。
とにかく圧倒的にまだまだ量が足りない訳ですが、話せないと嘆く前にまず何でも読めるようになってみればと思います。

本日CNNで見つけた話。
"Sis finds long-lost brother living across the street"

16歳で子供を産み、やむを得ず里子に出した女性が何年もたってから、その実の子がたまたまごく近所に住んでいるたという安っぽい小説のような話。
まだまだこういう気楽な記事しか読めませんが、結構楽しいです。(^^)


ついでにもう一つ。
International Contemporary Furniture Fairという展示会に出品された作品。
Anti-Theft Lunch Boxという「職場の冷蔵庫などで盗まれないランチボックス」。
何のことはなく、単にビニール袋にリアルなカビが印刷されているため、中にサンドウィッチを入れるとかびているように見えて盗まれないという訳。

CNNやTIMEのサイトがおもしろくなった

STAR DUST英語館をほんの少し更新。
What's newを見ない限りおそらく誰も気付かないと思います。
ニュースのページにCNN, TIME, Newsweek, Washington Postへのリンクを加えただけ。
英語館は実質私のブックマーク集です。最近CNNのサイトを見るのにいちいちお気に入りから行くのがめんどくさくなったという訳です。

今までは朝日新聞の英語版、Mainichi Daily News, Japan Timesなど日本中心のニュースサイトしかリンクしていませんでした。
よくSTAR DUSTのような英語サイトではCNNやTIMEなどは必ず紹介してあります。
実は私自身が、最初CNNなどの記事はなかなか興味が持てなくて、まずはテレビなどで聞いた内容を読めるようにASAHI COM.などの記事を読んでいました。

ですが最近になってやっとCNNやTIMEの記事がおもしろいと思えるようになってきました。

一番見やすくて好きなのがCNN。TIMEは最新のニュースというよりは、いろいろな見方がおもしろいです。日本でいったらアエラみたいな感じ?(全然違ってたりして)
今でもたとえばアメリカの政治の話などはまるでついていけませんし、経済系のニュースもダメです。
でも少しずつ海外のニュースにも興味が持てるようになってきたし、その気になれば日本で翻訳されて伝わるよりも遙かに早いです。

おすすめのニュースを一つ。あのSlumdog Miillionaireに登場した子役の子の家が破壊されたというニュースです。




もう一つはTIMEの記事で、年をとった自閉症の人の話です。

もう一つはYouTubeで有名になったSusan Boyleさんの後日談。本当に彼女の夢通り歌手になれるといいですね。

それにしてもネット上でタダで自分の好きな最新の記事が好きなだけ読めるなんて、つくづくいい時代になったと思います。
これから少しずつ自分が興味を持った記事を紹介していきたいです。


 | HOME | 

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


プロフィール

浦辺 玲

Author:浦辺 玲
自分独自の教材を作りながら英語学習を続けています。
「楽しく長続きする学習法」がモットーです。
STAR DUST英語館もよろしく。


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。