スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKの英語講座を(タダで)ここまで活用する

bubblebutterfly-1.jpg

NHKはやっぱりすごいです。なんと言っても構成、講師、内容どれをとってもピカイチです。
以前何かの英語参考書のお薦めでまず第1にNHKのラジオ英語講座が上がっていましたが、納得です。
さてネット上ではNHKの外国語講座はそれぞれにページがあります。
わたしが聞き始めたのは実践ビジネス英語。もちろんテキストは本屋さんで売っていますが…。
とりあえずサイトはここ
下の方の「番組を聴く」のところに「今回の放送内容」として先週の放送内容を聞くことができます。
スクリプトはありません。
この「音声を聞く」をファイルで保存すると、asxというファイルになります。
このファイルをメモ帳やノートパッドで開けてみると、実はmmsで始まるwmaファイルにリンクしていることがわかります。
このwmaファイルを取り込めないかと調べてみたら…あるんですね、ちゃんと
GetASFstreamというフリーソフトはURLを入力することによってwmaファイルを取り込めます。
後はパソコンで聞くなり、iPodに取り込むなりご自由に。
また著作権の関係から個人で楽しむ程度にしておきましょう。

なおNHKは「入門ビジネス英語」でも音声を配信しています。
後、付け加えるとNHKのラジオの語学講座はお薦めですが、テレビはあまりお薦めしません。
ラジオをマメに聞いて英語が伸びた人は多くいますが、テレビを見て伸びた人は聞いたことがありません。

画像はSTAR DUST素材館から。かなり前の物ですが。
スポンサーサイト

やっぱりすごいぞ、英辞郎

SD-sunflower-01.jpg

更新、すご~くさぼってます。毎日暑いですが、元気にぼそぼそ勉強しています。m(_ _)m

英辞郎。言わずとしれた最大の英語辞書。現在第3版で150万語収録。
わたしが使っているのは130万語収録の第2版だがとにかくヒットしない語がないぐらいの優れものだ。
パソコンで使う辞書だが、これだけ多くの項目がありながら軽いこと軽いこと。単語を入力すると英語でも日本語でも入力の途中で次々と該当する単語が現れる。

ただパソコンがないと使えない。ところが今年の2月、CASIOのEx-wordの追加コンテンツに英辞郎があると聞いて、わたしは電子辞書でも英辞郎を使いたいから、とその理由だけで新しい電子辞書を買った。(ちなみにXD-GP9700という英語プロ仕様の物)
ところが電子辞書の英辞郎はパソコンの物と異なって、和英辞郎が使えないし、ちょっぴり重い。ちょっとがっかりだったが、複数辞書検索などの串刺し検索もできるし、重宝している。

さて英辞郎だが、最近二つ新発見した。
1つはケイタイに英辞郎のデータを移してケータイで英辞郎を使えるソフトがあると言うこと。この優れもののソフトはPocheDic.サイトはここ
ただ、MiniSDにデータを移すのだが、英辞郎と和英辞郎と両方で150Mbほど必要だ。勢い込んでファイルを作った物の、自分のケータイのMiniSDは16Mbで、今度200Mbぐらいのを買いに行かなくては、という状態。

2つ目は、英辞郎の履歴単語検索機能を使うと、いとも簡単に単語帳を作ってくれるという事。
これ、今までは1つの大きな履歴の単語帳しかできないと思って、不便に思っていたが、ファイル名をあらかじめ指定することで、複数の単語帳が作れるとわかった。
ちなみに説明はここ。 他にも便利な使い方がいろいろ解説してあります。

現在自分で単語力の不足を感じて、あれこれ読むごとに単語を書き留めて(ってパソコンで)いるが、これで項目別に単語帳ができると解って便利になった。
ファイルはtxtやcsvなどでも出力できるが、わたしが一番気に入っているのはhtmlの形での出力。一番みやすいすっきりとした表ができる。

ただ編集はできないので、わたしはビルダーでこの表を開いて、自分なりに要らない部分を消したり、付け加えたりして編集している。

htmlファイルはワードなどでも編集できるので、ビルダーのない人はワードでやってもいいかもしれない。

ただ…単語帳を作ったからって単語って覚わらないんだよね…。しかもこうも簡単にできてしまうと余計覚えられない。やっぱり単語を覚えるには、目で見て、自分で発音しながら鉛筆で何度も書くという非常にアナログな方法が一番のようです。(^^;

 | HOME | 

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


プロフィール

浦辺 玲

Author:浦辺 玲
自分独自の教材を作りながら英語学習を続けています。
「楽しく長続きする学習法」がモットーです。
STAR DUST英語館もよろしく。


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。