スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルニアでリスニングの特訓?

ガラス細工

リスニング力をつけたくて、あれこれ考えていましたが、やはり一番効果的なのはディクテーションだと感じました。
ネット上には非常にすぐれたサイトもあって、VOAディクテーション英語学習プログラムというサイトは、週替わりでVOAからの一節を取り上げ、何度も聞いてディクテーションを打ち込むと、ちゃんと採点までしてくれるすごいサイトです。

こちらも時々お世話になっていますが、わたしが考えたのは、
とにかく続けることが大切→続けるためには、好きな題材で楽しくやるのが一番→さらに学習することが人様のためになるならばもっといい、てな発想で最終的に行き着いたのがBBCが制作したナルニアのラジオドラマのスクリプト作りでした。

前から何度も「映画よりもラジオドラマの方がリスニングにはいい」と書いていますが、これも同じです。

BBC radio collection


スクリプト作りにあたって、以前にナルニアのスクリプトを打ち込んでアップされていないかネット上をいろいろ検索しました。同じBBC制作のThe Lord of the Ringsのradio collectionはスクリプトがネット上にありますが、ナルニアの方はいくら探してもヒットしなかったので、アップはされていないようです。

だいたいディクテーションなんて、答えがあってやるのが普通なのに、なんと無謀なと自分でも思いましたが、やり始めたら結構面白くてはまりました。

やっとCDの1枚目の(1話につきCD2枚で、全7巻で合計CD14枚。購入はこちら)第2章まで打ち込んだので、STAR DUST英語館の中の「試験に出るナルニア国物語」の中にラジオドラマのページを作ってアップしました。

ラジオドラマはトールキンやルイスの研究家のBrian Sibleyが台本を書いており、原作には忠実で台詞が同じ箇所も多くあります。でもアレンジもされていて、カークパトリック教授は原作にない事をぺらぺらしゃべるし、ピーターやルーシーも時々やたら早口だし…。で泣きました。

聞き取れなくて*で表示したところ結構あるし、間違いもあると思います。でもやっぱり大きかったのは大好きな話なので「楽しんでやれた」というところでしょうか。わからない箇所を10回近くも繰り返して聞いてやっと単語が聞き取れたときは「やったね!」という気分になりました。

でもThe Lion, the Witch and the Wardrobeの全17章のうち、まだまだ2章です。どこまで続けられるのやら…。

また上に書いたページを見てもらえばわかりますが、スクリプトがないかどうか検索していて、このラジオドラマの音声にsimsというゲームのキャラクターを合成した動画をYouTubeで見かけました。同ページに貼り付けてあるので、よかったら見てください。音声はあまりよくありませんが、とりあえず無料で視聴できます。YouTubeにはもっところがっています。

スポンサーサイト

 | HOME | 

カテゴリー


最近の記事


月別アーカイブ


最近のコメント


プロフィール

浦辺 玲

Author:浦辺 玲
自分独自の教材を作りながら英語学習を続けています。
「楽しく長続きする学習法」がモットーです。
STAR DUST英語館もよろしく。


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


RSSフィード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。